スパッツ

先週は寒さが厳しく雪も積るほどでした。その寒さに耐えきれずとうとうスパッツを購入しました。

しかし、スパッツといえば聞こえは良いが、ようはももひきな訳で、父親が白いももひきを履いていたイメージが強く、そうなりたくないという思いからこれまで決して手を出さないようにしていました。

が、それも自転車通勤の身には辛すぎるので購入に踏み切りました。なるべくおっさんくさくならないようなもの、かつかさばらないものを探しました。裏起毛満載の分厚いのは蒸れそうだったので敬遠し、スポーツでも使えそうな以下のものにしました。

名前は変わっていますが、評価はよく価格もお手頃です。

ここで大きな問題があります。スパッツの下に下着をつけるか否か?

学生のときバスケをやっていたので、スパッツは下着無しでつけるものと思ってました。しかし、調べてみると、それは一部のスポーツでは下着なしだが、下着は履くのが基本みたいな感じです。

そもそも運動する際に下に下着をつけると汗でビショビショになるので、蒸れるかと心配がありますが、実際に運動することもない普段の生活では今のところ全く問題ないです。

受け取り後は、今のところ幸いそれほど寒い日はなくその恩恵を受けていませんが暖かさを感じています。来週は寒くなるようですし、役に立ちそうです。

それにしても学生のとき以来のスパッツに、ついつい昔は運動していたなぁーっと感傷に浸ってしまいます。

子供の歯ブラシ

小さい子が嫌がる歯磨き。我が家も毎日苦労しています。

時折、面倒になって適当に済ませてしまうこともありますが、むし歯になったらこれまた大変だろうなっと恐れています。

うちの奥さんはちゃんとした歯磨きを覚えないからと電動歯ブラシの導入を反対していたのですが、むし歯になるよりマシという理由を打ち出し、強引に子供用電動歯ブラシを導入してみました。

使ってみた第一印象ですごいとうなったのは、電動よりもこの歯ブラシのライトと角度です。

ライトで口の中が見やすいし(ついているものには昔からついているんでしょうが…)、歯ブラシの絶妙な角度のおかげで磨きやすいことこの上ないです。

また、もともと私が電動歯ブラシを使っていたおかげで、子供は電動に怯えることもなくむしろ自分の電動歯ブラシと認識しているのか喜んでいます。今では普通の歯ブラシで歯磨きしようとするとこっち(電動歯ブラシ)にしてっと要求してきます。

いやー、歯磨きが楽になったし、心なし長男の歯がきれいになった気がします。

コンビ テテオ あてて磨くだけ 電動仕上げブラシ グリーン

コンビ テテオ あてて磨くだけ 電動仕上げブラシ グリーン

 

うちの奥さん、以前は夜の歯磨きはなんとか私にさせようとしていましたし、自分でやっても「えっ!?もう終わり?」っていう感じで適当だったので、歯磨きがよほど面倒だったんだろうなと予想しています。

ところが、電動に変えた途端、進んで長男の夜の歯磨きをしています。長男も電動だとおとなしい気がします。

これで歯磨きの習慣がついてくれれば良いのですが…

 

個人的にライトと角度に感動すら覚えた歯ブラシでした。

鹿の王

この年末年始は時間を見つけて、「鹿の王」を読むことができた。本屋大賞をはじめ複数の受賞歴もある本書が文庫本化された際に常々よみたいと思っていました。

鹿の王 1 (角川文庫)

鹿の王 1 (角川文庫)

 

精霊の守り人シリーズや獣の奏者でもそうであるように作り込まれた世界観には、魅せられ、入り込むことができる。

主人公の冒険的な話、政治的な話、医療の話、人の故郷に対する話が重なりあってどんどん物語が進み複雑になっていき、面白さも増していく。

一度だけでなく、また再読したいと思う本でした。

本編だけでなく解説やあとがきも良くて本書の印象が際立ち、いい気持ちにさせてもらえました。

 

おかげでよいお正月が過ごせました。

 

年末年始としまじろう

今年も自宅で家族水入らずで過ごしました。

のんびりはできなかったけど家族と過ごす時間が取れたのは良かったと思います。

といっても、朝は遅めに起きて朝食をとり、午前中は子供達の相手をしながら大人は家事をこなして外出する毎日です。

だいたいは近くのショッピングモールへ行き、長男はおもちゃ売り場で遊びそれを私化妻のどちらか付き添い、もう一人が長女を抱っこし、見慣れた店を散策する。その後はフードコートで昼食をとり、モール内をうろうろするか、年間パスを所有している近くのレジャー施設に出かけます。

その後は子供の昼寝をかねてドライブをし、帰宅後は夕食、風呂、就寝というパターンがほとんどです。

それでも家にいる時間も多く、その中で長男がいきなりハマったのが、

しまじろう

でした。

 

こちらが教えたりしていないのですが、いつの間にか、名前を知っててアマゾンでしまじろうみる!と要求してくるようになりました。

アマゾンプライムビデオで映画版とともに、本編(?)の1シーズン100話を年末年始でみて正月の雰囲気を感じることのないしまじろう漬けの休暇となりました。 

楽天マガジンがPCで読める。

magazine.rakuten.co.jp

安くて便利なので利用している楽天マガジンですが、PCで見れればと常々思っていました。

それがいつのまにか叶えられていました。

iPadminiで読むのが億劫になっていたので、PCでみれるようになるとより使い勝手がよくなり、より活用できそうです。

 

2017年の最後にうれしい話で気分が良くなりました。

まさかのリアクション

クリスマスということで我が家でもサンタさんから子どもたちにプレゼントが届きました。

当初、予算的には3,000円程度かなぁーとか考えていたのですが、妻と子どもたちが先日帰省した際、以前から欲しいと言っていたおもちゃがほとんど買い与えられてしまいました。

特に長男は一時的にプレゼントは?と聞いても満足したのか、黙ってしまう状況でしたが、最終的にミキサー車っというようになり、予算以上でしたがご希望のおもちゃをお願いしました。

ブルーダー MAN セメントミキサー BR02744

ブルーダー MAN セメントミキサー BR02744

 

0歳の長女には何にしようか悩んだんですが、個人的に長男と差がありすぎてかわいそうな気がしたので半ばやけくそで奮発しました。

夜に絵本の読み聞かせをすると喜ぶので、絵本だ!っということでぐりとぐらのセットをお願いしました。

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

 

そして、クリスマス当日、長男が起きて不自然に子供部屋に誘導する私達夫婦はカメラを携えてこっそり後を付けてのぞきます。

ツリーのしたに大きな袋があり、長男が気付くぞっと喜ぶ姿を期待しましたが、

なんとまさかのスルー!

その後、ツリーの下に何がある?とかいっても気付いてもらえず(単なる箱と認識してた?)結局こちらから手渡ししてようやく喜ぶ姿が拝めました。

 

そして長女には手渡ししたところ、バシバシと叩き喜んでいるのか、別のおもちゃとしてみているのかよくわからないリアクションでした。

子どもたちが大興奮で大喜び!っという絵を期待したのですが、その絵が見れるのはもうしばらく先になりそうです。

 

ちなみクリスマスイブの前日に義理の母からいろいろ送られてきた中にぐりとぐらの一冊があり、夫婦で一瞬絶句して、まぁいいやろっとなったりしてます。

 

今回は予算オーバーもあり、我々夫婦へのプレゼントは無しになりました。

よくしゃべり、よくころがる

今月は私の出張や都合により、一時的に嫁さんと子どもたちは帰省していました。

その間、子どもたち、特に長男はあちこちに連れて行ってもらい、欲しいものを買ってもらい楽しかったようです。嫁さんもおいしいものをたくさん食べたのか、成長したらしいです。

そんな刺激の多い日々を過ごしたせいか、長男は色々とよくしゃべるようになり、会話が成り立つようになりました。また、自分の言いたいことを言おうとするようになりました。

しゃべることができることで一人遊びが変わってきました。色々なままごとで複数の人(キャラ)が登場し、お互いに会話をしつつ遊ぶようになりました。時折、親にこの役やって要求もするようになり、にぎやかになってきました。

 

長女は、転がって自由にうごけるようになり、手を使って方向転換やちょっとの前後の移動が可能になってきました。そのせいか油断すると視界から消えることもあり、そろそろ対策を取らないといけないと感じています。

食事も離乳食を与えていますが、好みが激しい(その時々で食べるものが変わる)ので嫁さんは苦労しているようです。

それにしても長女はお兄ちゃんである長男をよく見ているし、ちょっかいかけて長男を困らせています。おそらく一緒に遊びたいのでしょうが、どうしていいか分からない長男はたじたじです。

子どもたちの成長には驚くばかりですが、子どもの反応は予想外のものも多く、見ていて飽きないですが、わがまま言って手に負えないと困りもののです。