ボヘミアン・ラプソディ

近所のCD、DVD屋さんで30%引きくらいで売られていたので購入しました。

かなり楽しめました。結局3回ほど繰り返し見たでしょうか?

テンポよく話が進んでいくので最初は物足りなさもありましたが、かえって最後のライブが際立ってよかったくらいです。

じっくり見るもよし、なんとなく流しておくのもありな感じです。

 

DVDを見ると、じっくりCDを聴きたくなるし、ライブ音源や映像をもっと見たくなりました。

しみじみいいなーっと思えた映画です。

 

ガンダムNT

 先日、ようやく見ました。

DVDより画質がよさそうということで今回は初めてAmazonVideoで購入し、出張中に見ました。

幸いホテルのネット環境でも充分な画質でした。

 

原作も読んだ上での感想です。正直、時間が短いこともあり、ハイライトで見せられてる感が強かったです。そのため、なんとなく盛り上がりに欠けるし、全体的に物足りなかったです。見ごたえのあるところもあるんですがね。

機動戦士ガンダムNT

機動戦士ガンダムNT

 

 あくまでUCのおまけというらしいのでアレはアレでよしとしておきますが、もはやなんでもありになりつつなります。

パワーポイントのアニメーションのようなカットインだけはやめてほしいと思いました。

 

UCのように何度もみたくなるかというと残念ながらという感じです。

 

それよりガンダムブレイカーモバイルがツボに嵌ってて楽しいです。

子どもたちで遊ぶようになってきた。

よく子どもが二人以上いると子どもたちだけで遊んでくれて楽だという話を聞きます。

うちでも下の子が2歳を迎えて、ようやくその兆候が出てきました。

 

これまではどちらかが遊んでいると、お互いに邪魔して、お互いがストレスになって阿鼻叫喚になっていたのですが、最近では遊びが成立することもあるようです。ただし、短時間ですが笑

 

また、以前は、私と子どもたちが遊ぶときはおもちゃである私を取り合いという形だったのが、先日は子供二人と私でかくれんぼしたり、3人いることを踏まえた遊びが増えてきました。

 

おそらく、下の子との会話でのコミュニケーションがちょっと成立すようになってきたのと、子どもたちがそれぞれどういう遊びをしているかが経験となり、今はどういう遊びをしているか、その遊びではどう楽しむかがなんとなく形になってきたのではないかと推測します。

そうすると、上の子は幼稚園、下の子は一時保育で集団の中にいることもいい経験になってそうですね。

 

ともかく、個人の身体的肉体的な成長ではなく、子どもたちとしての成長が伺えて嬉しく思います。

意外と下の子に叩かれて泣かされるお兄ちゃんが不憫ですが…、仲の良い元気な兄妹になってほしいものです。

 

先日、私が出張から帰った際にお土産としておもちゃをプレゼントしたら、私が出張するとお土産(好きなおもちゃ)がもらえると都合よく理解(勘違い)したようで、息子が、今度のお土産はイ○ンでいっぱい車が入るパトカーを買ってもらうと意気込んでました。子供の学習能力の高さと都合良さにはびっくりします。

トミカ ビッグに変形! デカパトロールカー

トミカ ビッグに変形! デカパトロールカー

 

 

パワーポイントで大判ポスターを作る際に動作が重いときの対処

仕事柄、スライドショーは割と使っており、ここ数年はA0サイズのような大判ポスターも年に1,2回準備します。

 

で、大判ポスターを作るときにパワポが重いのがストレスでしかたがない状況が続いていました。

それで、調べてみると簡単な設定で対処できるようなので覚書。

 

右クリック→グリットとガイド→スマートガイド、グリッド をオフにする

 

これだけです。

 

知っている人からすると当たり前かもしれませんが、先日Office2016(タイミング悪いことに)にして状況がより一層悪くなった気がします。

それに普段のスライド作製時は両方をオンしてるだけに、あまり作製しないポスターのときにそのままの設定でやり始め、いつもイラッとさせられるので、自戒を込めた覚書です。

 

それにしてもポスターの持ち運びは手荷物が増えていつも辛いです。

子供の写真をどう共有するか

子供が生まれると写真やらビデオやら取ります。

で、私と奥さんの両親は孫たちの姿を当然みたがるわけで、そこは親孝行を兼ねてなんとかしたいところです。

 

簡単なところでこれまで

1.データをそのまま渡す。

2.共有サイトにアップする。

にチャレンジしてきましたが、日常でPCを使わない両親たちはPCで見ることにストレスを感じ早々にうまく行かなくなりました。

特に共有サイトは動画の容量の問題で良いものが見つけられず諦めざるを得ませんでした。

 

次に

3. iPhoneの共有アルバム

を使ってみました。これは便利でiPhoneで撮った写真や動画をバンバンあげておけばあとはみてくれます。

我々のお下がりのiPhoneWifiで使ってもらっています。

しかし、高齢の両親たちにはiPhoneの画面は小さすぎるし、使い方がよくわからず変なことをしたりなどトラブルもあり、少々ストレスがあるようです。

何より大きな問題は、私がデジカメの写真やビデオを共有するのが面倒くさそうなことです。

 

最終的に落ち着いたのが、写真やビデオをまとめてDVDにすることです。

iMovieを使って手当たり次第に写真やビデオを放り込んでMP4ファイルに書き出します。(この辺はiMovieの使い方なりで調べてください)

それをDVD形式にするのですが、ソフトが必要です。

フリーのソフト(MacだとBurn, WinだとDVDFlickなど)もあるのですが、画質が劣化する、結構不良なDVDが出来上がるなどがあり、うまくいきませんでした。

仕方なく初期投資することにし、今後買い直すのも嫌なのでAppleのCompressorなるソフトでDVDファイルを作成しました。(使い方は調べてください)

 

ここまでややこしいようですが、やってみると思った以上に楽でした。(そこそこ使えるMacがあればですが…)

 

これで両親は届いたDVDをセットしてテレビで見ることができるはずです。この方法なら煩わしいことやトラブルが減ると信じています。

父の日のプレゼントを兼ねているので、感想は後日聞いて見たいと思います。

 

目標は、デジタル機器を使うことに非常に強い抵抗のあるうちの母親がストレスなく見れるようになることです。

 

うまく行けば定期的に送りつけるつもりです。

 

しかし、iMacとかMacbookPro 15inchが欲しくなる…

 

 

 

新学術領域研究の見直し

科研費の新学術領域研究が学術変革領域研究というものに変わるらしい。

(A)これまでの新学術領域と似てるが採択される公募研究の半数程度が39歳以下の若手となる。

(B)45歳以下の研究者、3-4グループによる計画研究であり、将来(A)への展開が期待される。

 

以前はよく公募研究に申請してみたものの一度も採択されたこともなく、最近は意図が難解な公募だったりするので申請を敬遠せざるを得ない状況でした。

年齢的に(B)にもかろうじて応募できる資格はありますが、採択の可能性があるかは現実的には難しいところかもしれません。

今年応募するかはよく考えてからですね。

 

個人的には基盤Cと併願できる萌芽ができてほしいのですが、審査の大変さもあり難しいのでしょうかね。

 

最近、研究者でのロスジェネ世代なる表現も目にすることも多くなりましたが、特に若手枠から出つつある我々の現状はますます競争が激しくなりそうです。

天冥の標

どこかのサイトで紹介されてて、アマゾンのポイント還元セールに乗じて読み始めたのがきっかけでした。

気付けば怒涛のように最終巻(巻でも複数に書かれてる場合あり)のⅩまで読んでしまった。ここまで一気に読むとkindle Paperwhiteだと眼精疲労と頭痛がひどい。GW前後の余暇のほとんどを費やしました。

むちゃくちゃ長編ではあるが、巻ごとに世代(話)が違うのでなかなか話が進まないということはなく、読み進めると徐々につながりが見えてくるのでむしろテンポよく読める。

久しぶりにどっぷりと世界観に浸れた感があった。SF好きならおすすめできるかもしれないが、性的なところが多いところ(巻)もあるので万人向けでないかもしれない。

天冥の標? メニー・メニー・シープ(上)

天冥の標? メニー・メニー・シープ(上)

 

 企業の創業者たちはSFを読むべきだなんてこともあるので、どうせなら大作を読んでやろうという方はチャレンジしてみてはいかがでしょう。

https://jp.techcrunch.com/2016/10/10/20161008the-importance-of-science-fiction-to-entrepreneurship/

 

なぜか、久しぶりに京極シリーズが読みたくなり、先日のキャンペーンで大人買いしたことは家族には秘密です。