2015年1月16日

自由気ままな一人の私生活からとうとう家族を持つようになりました。

この変化がきっかけになったのかはわかりませんが、なんとなく気分転換したいとおもうようになり、一度こちらをリフレッシュすることにしました。これからは家族はもちろん、仕事も生活の大きな一部であり、身近なことをネタにしたライフログにしたいと思います。

 

明日はセンター試験、将来的には民間委託という話も出ていますが、今年は脱ゆとり教育を経た学生が受験し、新旧課程の過渡期で特に複雑なようです。この時期だけに降雪などの天候も気になりますが、現場も、学生も大きなトラブルがないことを祈ります。

 

私自身の時も一浪して受験した際には新旧課程が混じっていたような気がしますが、それも約20年ほど前になります。通っていた予備校で受験し、あまりさえない結果で2次試験をどこで受けるかかなり悩んだ記憶があります。最後は開き直って当初の希望校を受験し、合格できたことが今の自分の人生の大きな岐路だったと思います。

 

その予備校もとうとう閉鎖するようで、まだあったのかと、とうとうなくなるのかという思いがあります。年に1回程度しか帰省はしませんが、周辺の再開発が進みインフラ環境が良くなる一方で、子供が少なくなった影響で自分の通っていた予備校なくなるのは不思議な感じです。

 

受験生をみると自分にも同じようなころがあったと今は思いますが、子供ができればまた違う感情がでてくるのでしょうか。とにかく受験生にとっては大きな岐路の1つです。頑張って欲しいところです。