家庭内パンデミック

小さいこどもがいるとどうしても避けれないのが病気。

暑くなってきてようやく風邪のシーズンも終わりかと思いきや、甘かったです。

 

6月に入っても長男が胃腸炎、それが長女へ、次はうちの奥さんへ。その間、子どもたちは熱や胃腸症状は治っても咳やたんが続いており、ときおり夜中に起きては泣いたり苦しそうにしています。で、奥さんが復活したと思ったら、今度は長男が溶連菌、その熱がようやく下がり元気が戻ればというタイミングで、長女が手足口病

と、まぁ次から次へと休む間もなく病気、しかも感染症が続いています。

 

普段は感染症の類には弱い私ですが、幸い発熱もなく、なんとか耐えて、なるべく看病を手伝っています。それにしても小さい子供が病気で苦しむ姿は心苦しい限りです。

 

長期出張前の忙しい時なので、ビタミンとマンガン(?)を摂取して逃げ切りたいと思います。