ジャイロモノレール

年内が締切の原稿をようやく脱稿し、ようやくこれから年賀状の準備に勤しむ予定です。執筆中の気分転換に読んでいた本が、ジャイロモノレールです。

ジャイロモノレール (幻冬舎新書)

ジャイロモノレール (幻冬舎新書)

 

一本のレールの上で自律的にバランスをとるジャイロモノレール。戦争やその他のテクノロジにーの発展によって、実現には至らなかったそれを研究して再現した過程を記した本です。

随所に頭を悩ます(よく考えないとわからない、もしくはわからない)部分があるが、雰囲気だけでも面白く、著者の研究や趣味についての考え方(本人が面白いと楽しんでいることを前提に)も明記してあり、勉強にもなった。

私自身の仕事柄、通じるところはあり、私が感覚的にのみ捉えていたことが言葉にして説明されていて興味深かったし、自分のやってきた仕事もまだまだだと思い知るいい機会になった。

自分が面白いと思うテーマに取り組み、楽しんで研究しようという気になった。